ホーム > こだわりの技術 > こだわりの工法・素材

こだわりの工法・素材

工法・素材イメージ

工法

構造

構造用集成材
高耐久性
集成材の含水率は8%〜12%。耐久性を低下させる腐朽菌を
発生しにくくなっています。
高強度
構造用集成材はバラツキの少ない均一な強度が保たれています。
これはJASに認められたもので構造計算をする際にも有利です。
高耐火性
1000℃を超えても保つ強度。断面の大きい木材は表面は焦げても
内部はしっかり。断面の大きい集成材は燃えにくいものです。

接合金物(テナンビーム)
高強度
柱と梁、梁と梁の接合には厚さ3.2ミリの鋼鈑(GK)を使用し、これを太さ12ミリのボルトとドリフトピンで留めています。集成材の断面欠損を最小限に抑えることができ、充分な強度と粘りを持った接合です。

耐蝕性
テナンビームは黒い炉ストロンジング処理により塩水を噴霧する試験で2000時間以上さびを抑えるという高い耐腐蝕性を持っております。

断熱材              工法 >> 断熱材 >> 床 >> 基礎工事

断熱材 床、壁、2階天井に断熱材を施すのは勿論のこと、1階の天井や間仕切壁にも100ミリ厚の断熱材を施すことにより遮音性能の向上を図ります。

床                工法 >> 断熱材 >> 床 >> 基礎工事

下地構造 下地構造用合板28mm+パーチクルボード20mm+遮音マット6mm+仕上げフロア12mm(温水床暖房仕様はプラス12mm)だから上下階の遮音性が抜群!!長年に渡って歪みが生じにくい仕様です。

断熱材              工法 >> 断熱材 >> 床 >> 基礎工事

ベタ基礎工法・・・高強度  全邸構造計算により基礎選定
プレ鉄筋(工場生産)、基礎パッキン
基礎1 基礎2 基礎3

このページの一番上へ

こだわりの技術
こだわりのテーマ

今山住建の住まい作りMOVIE

for Women

充実のエクステリア

Estudio